買い取りタイプのウォーターサーバーはお得?

ウォーターサーバーは昔からレンタルやリース契約制度のプランが多く、契約終了後はウォーターサーバー本体は回収されるのが当たり前でした。



ですが、近年ではウォーターサーバーそのものの買取を促す企業が増えてきており、これらのプランに注目が集まりつつあります。

これがお徳か否かは人によって違いますが、月々の支払い料金そのものは高くなってしまう点が特徴です。



例えば、買取を3年間分割で契約した場合、サーバー本体が36000円だとすると月々の負担額は必要経費に1000円加える形になります。

電子ピアノの買取の比較選びであなたの手助けをします。

お水などの諸経費によって総支払額は変わってきますが、レンタルの場合より数十%は増加する事になるでしょう。

あなたの探していた定温輸送に関する特集が満載です。

その買取料金を支払って得られるものはウォーターサーバー本体のみです。

ボトルさえ用意できれば、その後は契約を解除したとしても市販のミネラルウォーターなどで飲水を楽しむ事ができます。



ここで注意していただきたいのは経年劣化です。

通常サーバー本体は使用すればするほど性能やパーツが劣化する為に価値が減少します。


これはお水の業界だけでなく他の機械製品でも同じです。

http://girlschannel.net/topics/167056/

本体の初期の価値が36000円だったとしても、3年経過する頃にはその半分以下の価値しかありません。

http://girlschannel.net/topics/167056/

レンタル料の場合は他の企業に乗り換えればまた新品のサーバーを使えますが、買取の場合はそのまま使い続けなければなりません。
また、他社に乗り換えたとしてもボトルの規格が一致しなければ流用できませんし、サーバーとの併合契約でなければ契約できない企業も多いです。

http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/wooris/2013/03/4-55.html

これらの条件を考えると、買取制度はあまりお得なプランとは言えないでしょう。

関連リンク

ウォーターサーバーのボトルの種類

ウォーターサーバーを契約すれば、定期的に水が運ばれてきます。この水はボトルに入っているのですが、ボトルはリターナブル方式とワンウェイ方式の二つにわけられます。...

more

一人暮らしでウォーターサーバーを利用するメリット

ウォーターサーバーは赤ちゃんや病気を抱えている人などと同居している人が利用するものだという印象を持っている人もいます。実際のところ、そうした人の中には安全な水を飲みたいという理由でウォーターサーバーを設置している人も多いのですが、それでは独身の人がウォーターサーバーを使うことにはどういったメリットがあるのでしょうか。...

more