ウォーターサーバー選びの3つのポイント

ウォーターサーバーを選ぶときには、まず水の種類を選ばなければなりません。

水は大きく分けると天然水とRO水の二つになります。



天然水とは、水源から採取されたものを濾過や加熱殺菌アドを行ったものです。

人気の浄水器情報が絶対見つかります。

ナチュラルミネラルウォーターと呼ばれるものは、これらの処理を最低限に抑えたものです。

コウモリの駆除方法はかなり有益な情報が揃っています。

天然のミネラルが含まれていて、自然のおいしさを味わえるのが魅力です。
RO水とは、逆浸透膜によって濾過されたものを指します。


ピュアウォーターと言われることもあります。

18金買取相場のお得情報を公開します。

細かい物質が除去されるために安全性は高いと考えられます。

屋根裏のねずみ駆除情報探しならこちらをご確認下さい。

次に、ボトルの種類を選びましょう。

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20150223/Cobs_135411.html

リターナブル方式では、使い終わったボトルを業者が回収しに来ます。
地球に優しい方式だと言えるでしょう。回収してもらうまでボトルを置いておかなければならないという面は面倒です。
これに対してワンウェイ方式では使い捨てです。

http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/wooris/2013/03/4-55.html

資源ゴミとして出さなければならないですから、手間はかかります。

そして、次にウォーターサーバーの機械の部分の機能を選ぶことが必要です。

http://girlschannel.net/topics/167056/

特に、雑菌対策がなされているかどうかは大事なことだと考えられます。


水を出した際に外気が中に入ってくるタイプのものは、雑菌が混入する可能性があります。
これを防ぐための装置が取り付けられたものを選んだ方が安全性は高いと言えるでしょう。また、外気を取り込まないタイプのウォーターサーバーを選べば、やはり雑菌による健康被害を防ぐことができます。

関連リンク

買い取りタイプのウォーターサーバーはお得?

ウォーターサーバーは昔からレンタルやリース契約制度のプランが多く、契約終了後はウォーターサーバー本体は回収されるのが当たり前でした。ですが、近年ではウォーターサーバーそのものの買取を促す企業が増えてきており、これらのプランに注目が集まりつつあります。...

more

節電タイプのウォーターサーバー

ウォーターサーバーを衛生的に利用するためには、電源を入れた状態で維持するようにしましょう。ウォーターサーバーに設置した水については、厳重に管理を行っておかないと水質が変化しやすくなってしまうのです。...

more